お家で科学実験しよう!STEAM教材Groovy Lab in a Box

最近、「STEAM教育」(スティーム教育)という言葉をよく耳にしませんか?

STEAM教育とは、つぎの5つの教育分野の頭文字をとったもので、次世代の教育理念として注目されています。

  • Science:科学
  • Technology:術樹
  • Engineering:工学
  • Art:芸術・教養
  • Mathematics:数学

でも、なんとなく「子どもにとって、STEAM教育が大切」とわかっていても、具体的に何をすればいいのか、なかなかイメージがわきませんよね。

そこでおすすめしたいのが、STEAM教育最先端である、アメリカのサブスク型STEAM教材「Groovy Lab in a Box(グルービーラボインアボックス)」です。

この記事では、日本に上陸したばかりの人気STEAM教材「Groovy Lab in a Box」の特徴や口コミなどをお伝えしていきます。

STEAM教育はなぜ必要?

そもそもSTEAM教育は、なぜ今、そんなに重要視されているのでしょうか?

2015年に発表された野村総研とオックスフォード大学の共同研究の試算によると、日本の労働人口の約49%が、技術的には人工知能等で代替可能になるとのこと。

つまり、子どもたちにとってSTEAM教育は、これから確実にやってくるAI時代を生き抜くための重要なカギになるのです。

いち早くSTEAM教育(当時はSTEM教育)に着目したアメリカでは、2013年にオバマ大統領がSTEM教育を重要な国家戦略とし、年間約30億ドルの予算を投じています。

STEAM教育の目的

STEAM教育の目的は、子どもが自分で学び、理解する力を身につけることです。

STEAM教育は、ただ単に計算ドリルをしたり、プログラミングを学ぶというだでけではありません。もっと科学技術を身近なものとして、総合的な考え方や創造性を磨いていくことが、従来の理系教育との違いといえます。

STEAM教育のベストな方法は「実践」

STEAM教育のもっとも効果的な方法は、子どもが楽しく実践することです。

アメリカ国立訓練研究所による学習定着率の研究結果を見ても、だた受け身で習うよりも、実際に自分の手で試してみる方が、しっかり学習内容が頭に残ることがわかります。

学習定着率学習方法
90%他の人に教える /すぐに使用する
75%学んだことを実践する
50%グループディスカッションに参加する
30%デモンストレーションを見る
20%視聴覚体験
10%読書をする
5%講義を聞く

「Groovy Lab in a Box」は、子どもが実践を通して、楽しみながらSTEAM教育を受けられることから、アメリカで高い評価を受けています。

アメリカの最先端STEAM教材「Groovy Lab in a Box」とは?

「Groovy Lab in a Box」は、科学者・エンジニアと同じアプローチでSTEAMの5分野が学べる、アメリカで人気のサブスク型のSTEAM学習キットです。

その実力は、2020年度Edison Award(エジソン賞)のファイナリストや、「USA TODAY 2021 サブスクキッズ教材部門」に選出されるほど。

2021年6月に、ついに日本でも販売が開始され、早くも話題になっています。

「Groovy Lab in a Box」の特徴

では、たくさんあるSTEAM教材の中で、なぜ「Groovy Lab in a Box」がそんなに人気なのでしょうか?

その秘密は、つぎの4つの特徴にあります。

  1. 科学者や教育者が設計・開発
  2. 動画レッスンで楽しくミッション遂行
  3. 実験に必要な材料はすべて箱の中
  4. 科学情報満載の会員限定サイト

「Groovy Lab in a Box」の特徴をひとつずつ説明していきますね。

1.科学者や教育者が設計・開発

「Groovy Lab in a Box」の特徴1つめは、科学者や教育者が教材の設計・開発を担当しているという点です。

そのため、本格的な最先端STEAM教材であると同時に、小学生低学年の子どもでもわくわくしながら、自分でミッションに挑めるような内容になっています。

出典:Groovy Lab in a Box

2.動画レッスンで楽しくミッション遂行

「Groovy Lab in a Box」の特徴2つめは、マイク博士のSTEAMレッスン動画です。

毎回、ミッションの材料と一緒に送られてくるパスコードで動画レッスンにアクセスすると、マイク博士がわかりやすく実験内容を説明してくれます。

紙ベースの説明書も同封されていますが、とくに子どもの場合は、難しい説明を読むよりも、動画の方がインプットされやすいですよね。

「結局、親が全部作ってしまった…」という、実験キットにありがちな失敗も避けられます。

また、レッスン動画は英語と日本語の2ヶ国語対応なので、英語教育にも役立つというメリットも。

3.実験に必要な材料はすべて箱の中

「Groovy Lab in a Box」の特徴3つめは、実験に必要な材料がすべて箱の中に入っていることです。

箱を開けたら、すぐにアクティビティが始められるのは、材料を揃える手間が省けて、継続しやすいポイントでもあります。

出典:Groovy Lab in a Box

4.科学情報満載の会員限定サイト

「Groovy Lab in a Box」の特徴3つめは、会員限定サイト「Beyond」で学びを深められることです。

会員限定サイトには、毎月のテーマに関連する科学情報や、関連する別の実験などの情報が満載なので、さらに学習を深めたいお子さんや、年齢が高めのお子さんも満足できるようになっています。(ただし、こちらは英語のみ。)

会員限定サイトのURLとパスワードは、入会後にメールで送られてきます。

出典:Groovy in a box

Groovy Lab in a Box公式サイト:Groovy Lab in a Box

「Groovy Lab in a Box」の中身

「Groovy Lab in a Box」でどのような実験ができて、どのような材料が入っているのか、気にななる箱の中身を見てみましょう。

「Groovy Lab in a Box」のテーマの例には、つぎのようなものがあります。

  • 電気はどうやってつくの?電球やブザーの謎
  • 音のしくみと不思議!?楽器は振動している?
  • 世界を動かす 力学を探ってみよう!
  • 振動工学ってなに?ものづくりからワクワク発見!

それぞれ、ミッションに必要なすべての材料、ミッションのガイドブック、動画レッスンのパスコードが箱の中に入っています。

例えば、「音のしくみと不思議!?楽器は振動している?」のミッションでは、3種類の違った音が出る楽器を作ります。

出典:Groovy Lab in a Box

「世界を動かす 力学を探ってみよう!」のミッションでは、傾斜面、求心力、科学を調査して、自分だけのジェットコースターを設計。

出典:Groovy Lab in a Box

もちろん、どれも、材料は箱の中に入っているものだけでOKです!

STEAM教育は何歳から?「Groovy Lab in a Box」の対象年齢

公式サイトによると、STEAM教材「Groovy Lab in a Box」の対象年齢は6歳以上ですが、保護者様の助けがあれば、幼少時の子どもでも楽しめるとのこと。

口コミを見ると、2年生くらいの年齢になると、1人でもミッションをこなせる子どもがほとんどのようです。

ちなみに、STEAM教育自体は何歳からでも始めることができ、早ければ0歳からでも可能といわれています。

「Groovy Lab in a Box」の料金・解約方法

「Groovy Lab in a Box」の料金は、下記の通りです。

毎月お届けコース月2,980円(税込)
単品購入月3,980円(税込)

毎月お届けコースはいつでも解約可能ですが、3ヶ月未満で解約した場合は、単品購入価格の月額3,980円になるので注意しましょう。

解約方法は、手続締切日までに電話、もしくは、マイページで手続きができます。

1ヶ月だけお休みする、お届けのスキップも可能なので、それぞれのペースに合わせて、フレキシブルに利用できるのが嬉しいですね。

Groovy Lab in a Box公式サイト:Groovy Lab in a Box

「Groovy Lab in a Box」の口コミ

「Groovy Lab in a Box」は、まだ日本で発売されて間もないため、アメリカでの良い口コミ・悪い口コミを調べてみました。

Amazonでの評価は4.1/5.0、利用者の66%が5つ星評価をしていました。

良い口コミ

ほとんどの保護者が、必要な材料が1つの箱にまとめられていることや、様々な種類の実験セットを提供していること、子どもの創造性を活かせることに対して、高評価をしています。

小学校低・中学年のお子さん用に購入したという方が多く、子どもも楽しんでいるという声が多く見られました。

コロナ禍のホームスクール教材として、「Groovy Lab in a Box」を活用したという口コミもちらほら。

悪い口コミ

悪い口コミのほとんどが、材料が安っぽい、あるいは、実験が成功しないことがあるというものでした。

確かに、「Groovy Lab in a Box」の材料には、段ボール紙など、身近にあるものが多く使われており、特別な材料というわけではありません。

ただ、「身近にあるもので実験する」というのもコンセプトのひとつだと思うので、これを安っぽいととるかどうかは、意見が分かれるところではないでしょう。

また、実験が成功しないことがあるという口コミに関しては、「なぜ成功しなかったのか?」という原因を探ったり、別のアプローチでもう一度試してみるといった作業も、STEAM教育にとって大切なプロセスだと考えられます。

最後に

今回は、STEAM教育の重要性と、アメリカのSTEAM教材「Groovy Lab in a Box」についてお伝えしてきました。

日本の小学校でも、2020年にプログラミング授業の必修化がスタートしましたが、コロナ禍の影響や、ICT設備の遅れなどで、まだまだ本格的なSTEAM教育はできていないというのが現状です。

AI時代を生き抜く力を育むためにも、今から家庭でできるSTEAM教育を始めてみませんか?

Groovy Lab in a Boxのお申し込みは公式サイトからどうぞ→Groovy Lab in a Box

 

WonderBox地頭を育てる【ワンダーボックス】

この記事を書いた人

4ヶ国語環境での育児に奮闘する、ロンドン在住2児のママ。
イギリスとフランスで経験した育児・教育事情や、イギリスの大学院で学んだ初等教育の知識をもとに、役立つ情報を発信していきます。

Misiakをフォローする
その他
ciQba(ちいくば)
タイトルとURLをコピーしました