地頭のいい子を育てる知育メディア

【先生向け】オンライン学習|Google Classroomではどんなことができる?

コロナ禍においてオンライン学習のニーズが高まるなか、最近世界の教育界で特に注目されているのが『Google Classroom(グーグル クラスルーム)』。

国内でもGoogle Classroomを取り入れる学校が増えているので、気になっている先生も多いのではないでしょうか?

しかし、このサービスでどんなことができるのか、どのようにオンライン学習に役立つのかなど、なかなか具体的なイメージがわきませんよね。
そこで今回は、『Google Classroom』でどんなことができるのかをわかりやすく解説していきます。

Google Classroomとは?

グーグル社が提供する、インターネット上で課題の受け渡しや管理をするためのウェブサービスです。
13歳以上で、Googleのアカウントを持っている方なら、誰でもクラスを作成することができます。

クラスの作成方法はのちほど説明しますが、非常に簡単なので安心してくださいね。

Google Classroomへのアクセス方法

 

パソコンからは、Google Classroomのウェブサイトにアクセス、もしくは、Googleホームページの右上にある、●が9つ並んだアイコンをクリックすると見つかります。
(リストにClassroomのアイコンがない場合は、一番下の『More fom Google』をクリックしましょう。)

スマートフォンからは、アプリをダウンロードすると便利ですよ。

 

Google Classroom

Google Classroom

Google LLC無料posted withアプリーチ

Classroomは無料で使える

クラスを作成する側(先生)、クラスに参加する側(生徒)ともに、無料で利用できます。

学校でGoogle Classroomを使用する場合は、教育機関向けの『G Suite for Education』への登録が必要になりますが、なんとこちらも無料です。

G Suite for Education』とは、 Google classroomをはじめ、ライブ授業に使えるビデオ会議アプリ『Google Meet』などの一連の教育支援ツールがセットになったものです。幼稚園・小中学校・高等教育機関などに、無料で提供されており、公立小学校でも導入されているところがあります。

Google Classroomを使うために必要なもの

Googleのアカウントさえあれば、スマートフォンやタブレット、パソコンなど、どんな端末からでもアクセスできます。

個人でクラスを作成する場合は、自分のgmailのアドレスでログインで可能です。
教育機関で利用する場合は、『G Suite for Education』の学校用メールアドレスでログインしましょう。

 

Google Classroomでできること

つぎに、どんなことができるのかをご紹介していきます。

 

Google Classroomの主な機能は、つぎの4つです。

  1. 先生と生徒間のコミュニケーションの円滑化
  2. 課題の作成
  3. 課題の受け渡し
  4. 課題の採点や管理

 

はじめにお伝えしたように、Google Classroomはペーパーレスで課題の受け渡しや管理をすることがメインのツールです。

動画での遠隔ライブ授業をするためには、『Google Meet』(G Suite for Educationに含まれているライブ授業配信機能)や『Zoom(動画コミュニケーションアプリ)』など、別のアプリが必要になります。

では、Google Classroomの主な機能をひとつずつ説明していきますね。

 

先生と生徒のコミュニケーションを円滑にする

1つめの機能は、先生と生徒のコニュニケーションを円滑にすることです。

作成したクラスのホームページにある『ストリーム』というメニューから、生徒へのお知らせを投稿することができます。
文章のメッセージだけでなく、ファイルやYouTube動画、または自分で録画した動画などの添付もOKです。

とくに小学校低学年のお子さんにとって、担任の先生の声を聞いたり、姿が見られるのは、大きな安心感につながります!

課題の作成

2つめの機能は、課題の作成です。

ここでも、Googleドキュメントやpdfファイル、動画、URLリンクなど、さまざまな資料を使って課題を作ることができます。

また、テスト付き課題(小テスト)が簡単に作成できるのもポイントです。

課題の受け渡し

3つめの機能は、課題の受け渡しです。

先生は作成した課題に提出期限をつけて投稿でき、生徒は仕上げた課題を提出することができます。

スマートフォンのカメラで撮影した画像や動画で課題提出も可能なので、国語の音読や英単語の発音練習など、課題の幅が広がりますね。

課題の採点や管理

4つめの機能は、課題の採点や管理です。

誰がいつ提出したのか、何人が提出済みなのかなどがひと目で確認できたり、課題を採点して一覧にしたりといった管理が、ひとつのアプリ上で完結します。

Google Classroomのクラス作成方法

Google Classroomは、いろいろな機能がひとつのアプリで管理できる、ということをお伝えしてきましたが、使い方がシンプルだというのも大きなポイントです!

使い方すべてを説明すると長くなってしまいますので、ここでは、Google Classroomのクラス作成の手順を説明しますね。

 

Google Classroomを開く

Google Classroomのウェブサイトにアクセス、もしくはGoogleホームページのGoogleアプリのアイコン(●が並んだアイコン)からGoogle Classroomを開きます。

※学校で利用する場合は学校用(Suite for Education)のメールアドレスでログイン、個人の場合はGmailのメールアドレスでログインします。

 

画面右上の+をクリック

  • クラスを作成
  • クラスに参加

という選択肢が表示されるので、『クラスを作成』を選択。

※個人アカウント(メールアドレス)でクラスを作成すると、上記のメッセージが表示されます。
学校以外で利用する場合は、『学校で生徒とともに利用しない』をチェックして続行をクリックしましょう。

 

クラスの情報を記入する

作成するクラスの情報を記入します。
クラス名(必須)以外は、空欄でもOKです。わかりやすいクラス名をつけましょう!
そして、『作成』を押したらクラス作成は完了です。

 

クラスコードをシェアする


クラスを作成すると、そのクラスの「クラスコード」が割り振られます。
クラスに参加するためのパスワードのようなものなので、このコードを生徒にシェアしましょう。

生徒は『クラスに参加する』をクリックして、このコードを指定の場所に貼り付ければOKです!

以上、Google Classroomを使うための基本的な準備はこれでだけです。

 

Google for Education 遠隔学習支援 プログラム

Google for Educationは、コロナ休校中の学校を対象に遠隔学習支援プログラムを提供しています。
プログラムには、Chromebookの無償貸出や、G Suite for Educationの新規登録サポートなどが含まれているので、必要に応じて活用してみてくださいね!

 

遠隔学習支援プログラム | Google for Education

最後に

今回は、オンライン学習アプリGoogle Classroomでどんなことができるのかをお伝えしてきました。
オンライン授業』や『オンライン学習』というと、なんだか難しそうなイメージですよね。
しかし実際には、ライブ授業などをしなくても、Google Classroomを使った課題の受け渡しという形で簡単に始められます。
ほかにも似た機能を持つアプリはたくさんあるありますが、Google Classroomのメリットは、ひとつのアプリで必要な作業が完結、そして使い方がシンプルだという点です。
学校全体で導入するかどうかを決める前に、まずは個人のGoogleアカウントでクラスを作成して、先生同士やご家族で使い勝手を試してみてはいかがでしょうか。


タイトルとURLをコピーしました