地頭のいい子を育てる知育メディア

お正月だからこそ!子どもと遊びたい伝統のお正月遊び

小さい頃は当たり前のようにそばにあったお正月だからこそやる遊び。
現代では、ゲームやスマートフォンの普及で、お正月遊びをやるお子様も少なくなっているような気がします。

しかし、お正月でせっかく子どもと遊ぶ時間があるからこそ、日本の伝統として残ってきた由緒ある遊びを、お子様にも伝えてあげたいと思いませんか?

そこで今回は、お子様と一緒に楽しめるお正月遊びをおさらいしてみたいと思います!

お正月だからこそ楽しみたい遊び

お正月の遊びと言えば、どんなものが思い浮かぶでしょうか?

羽つきやかるた、凧揚げなどいろいろありますよね。
ここから、お正月だからこそ楽しみたい昔ながらの遊びを紹介していきます!

凧あげ

お正月の遊びといって、一番に想像するのは凧揚げではないでしょうか!

凧あげは中国古来では、占いや戦いの道具として使われていました。それが平安時代に日本に渡り、貴族の遊びとして親しまれてきましたが、戦国時代には、敵陣との距離を測ったり、遠方へ放火する武器として使われていたりもしました。江戸時代になり、男児の出生を祝って凧揚げをはじめたところから庶民の間でも流行していきました。
凧揚げを使い、願い事を込めて天に祈るを届けるという意味も込められていました。

羽つき

羽つきも、ルーツは中国です。中国で羽の先に硬貨をつけてける遊びがあり、それが室町時代に日本にきたことが始まりとされています。当時の手記には、羽つきに負けたらお酒を振る舞っていたという記録も残っています。
その後、羽つきには厄払いの効果があると信じられるようになり、江戸時代には年末になると邪気を祓うための羽子板を贈るようになったそうです。

羽根つきは、1年の厄をはね、子どもの健やかな成長を願うものとして親しまれてきたのです。羽つきに失敗すると顔に墨を塗るシーンを見た事がある方も多いと思いますが、これも魔除のおまじないとして始まりました。

かるた

かるたは、読み札と絵札を使い、読み札に書いてある詩を読まれた後に、場に広げてある絵札を、早く取っていき、一番多く取った人が勝ちというゲームです。
瞬発力が問われ、白熱した戦いが繰り広げられることもしばしば。

そんなかるたには、『百人一首かるた』と『いろはかるた』の2種類があります。
かるたの語源はポルトガル語ですが、平安時代の貝合わせという遊びに由来すると言われています。

『百人一首かるた』・・・平安時代に作られた和歌集をあつめて構成されていて、元々は宮中の遊びとして親しまれていたものが、江戸時代に庶民の間で広がっていき、お正月に楽しまれるようになりました。

『いろはかるた』・・・馴染みのあることわざを使ったもので、子どもが遊びながら字やことわざを覚えられるようにと江戸時代後期に作られました。江戸と京都など地方によって選ばれていることわざが違うなどの面白さがあります。

 

福笑い

福笑いのルーツはあまり定かとはされていませんが、明治時代からお正月の遊びとして定着してきました。目隠しをして、輪郭を描いた紙の上に、眉・目・鼻・口などを置いていくゲームですが、なかなか綺麗な顔を作れずおもしろおかしくなるのが通例ですよね。おかめやお多福などの絵が多く、「笑う角には福来る」と縁起がいいことから、正月にふさわしい遊びになったようです。

遊び方にきちんとしたルールはなく、より面白い顔を作った人が勝ち、正確な顔を作った人が勝ちなど、それぞれご家庭でルールを作って遊ぶと面白いのではないでしょうか。

けん玉

けん玉も古くから日本に定着している遊びですが、こちらも日本で生まれではなく、フランス・ギリシャ・中国などの様々な国の説があります。
日本には、シルクロードを通って江戸時代に流入しましたが、鹿の角に穴をあけた玉を結びつけたもので、失敗したらお酒を飲むといった大人の遊びとして親しまれていました。

今の形になったのは対象時代で、玉を太陽に、浅い皿を三日月に見立てて、「日月ボール」と名付けられました。これが昭和初期に大ブームとなり、けん玉として子どもたちの定番のおもちゃとなりました。

日本けん玉協会という協会があり、技によって級がつくけん玉。
スポーツとしても認知され始めており、近年では欧米諸国で大ブームにもなっていました。

大皿をたまにのせる単純な技を10級として、世界一周や灯台を1級としています。
ぜひこのお正月にけん玉の級に挑戦してみるのも面白のではないでしょうか。

コマ回し

お正月といえばコマ回し!という方も多いのでは?ですが実は、世界最古のコマはエジプトで発見されており、約4000年前のものだとされています!日本には奈良時代ごろに唐から高麗を経て伝来したと考えられています。高麗はかつて、「こま」と呼ばれていたので、そこからきたおもちゃを「コマ」と呼ぶようになりました。

独楽というのは当て字ですが、「物事が円滑に回るに通じて演技がよく、うまく回ると子どもが早く独り立ちできる」と言われています。

コマは、指でまわしたり、紐をまきつけ投げて回したりと種類がいろいろありますね。
遊び方も、台の上でコマ同士をぶつけて戦わせたり、回転自体の美しさを競ったり、凄技を極めたりな様々あります。

 

おわりに

小さい時から慣れ親しんできた凧揚げやコマ回しなどのお正月ならではの遊び。私たちも、小さい時に大人たちに教えてもらってきました。今度は、それを自分たちの子どもに伝えていき、代々受け継がれてきた伝統の遊びを大切にしていきたいですね。

今回のお正月は、お子さんと様々なお正月遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました