地頭のいい子を育てる知育メディア

お正月に必見!お年玉相場を大調査 小学生・中学生・高校生・大学生別平均金額は?

いよいよ、子ども達にとっての、年に一度の一大イベント・お年玉の時期がやってきます!
子ども達は今から、いくらもらえるのかとワクワクしていることでしょう。

しかし渡す側の私たち大人は、一体いくらくらい入れたらいいものかと頭を悩ませてしまうのではないでしょうか。特に、去年小学生だった子が中学生に、高校生だった子が大学生になど学年が変わると、あげる額も自然と上がっていく風潮があり、いくらあげたら良いのか余計わからなくなってしまいますよね。

そこで今回は、年齢別にお年玉相場を徹底リサーチ!

小学校入学前の未就学児(3~5歳)のお年玉相場はいくら?

まずは、小学校入学前の未就学児についてです。

小学校に入学する前なので、あまり大きな金額を渡してもまだ使い道がきちんとしていないので、
手に余ってしまう心配がありますよね。
しかし、お話もしっかりできるようになり、お金自体に興味が湧いている年頃でもあるので、お金をもらう喜びなど、お金を身近に感じて欲しい時期でもあります。

そこで大体の相場

500~1000円

が妥当という回答が多くみられました。

大きすぎず、初めてのお札をもらう経験としても、千円は妥当と言えるのではないでしょうか。

 

小学生のお年玉相場はいくら?

小学生のお年玉相場は、ご家庭によってかなり幅がありそうですよね。
私が子どもの時も、5年生で1万円をもらっている友達がいてとても驚いたのを覚えています。
もしかしたら、これを読んでいる方の中では、それ私も一緒だった!などあるかもしれませんね。
それくらい、小学生の時期はご家庭によって大きく差がある時期なのかもしれません。

ではざっくりと2学年ずつでまとめてみましょう。

1~2年生

まだまだあどけなく、幼児感が残る1~2年生の時期ですが、しっかりと自分が買いたいものなど決めている子も多くいます。

だいたい1000~2000円くらいが妥当と考える方が多いようです。
多くても3000円くらいが相場のようです。

 

3~4年生

低学年までは2000円、高学年からは5000円といったご家庭や、
3年生なので3000円、4年生なので4000円というご家庭も。

1~2年生は1000円、3~4年生は3000円等決めている方もいらっしゃいました。

 

5~6年生

5~6年生はしっかり自我も芽生え、思春期にも差し掛かってくる大切な時期です。
もらったお年玉で何を買おうかとワクワクしている子どもも多いのではないでしょうか。

そんな5~6年生のお年玉相場は、

3000~5000円というご家庭が大多数を占めているようです。

学年ごとに1000円ずつアップするという声もあり、5年生は5000円、6年生は6000円というご家庭も。

 

中学生のお年玉相場はいくら?

 

次は中学生です。

中学生にもなると、値段の設定に困ってくるのではないでしょうか。
高校生と違って、まだ自分でお金を稼げる歳でもないですが、もう子どもとも言えない年齢です。
自分でお金の使い方をしっかり考えていくこともできます。

中学生のお年玉相場は、

3000~5000円が大多数を占めているようです。

小学校高学年とあまり大差がないように思われますが、小学校6年生までを3000円としてきたご家庭は、中学は5000円というように定めているようです。

多いご家庭では、5000円以上というところもありますが、お金に対する知識がついてきているからこそ、高額な買い物をして失敗しないようになど、注意してあげる必要がありそうです。

 

高校生のお年玉相場はいくら?

 

高校生は、アルバイトを始める歳でもあるので、お金の感覚が鋭くなってくる年頃でもあります。

もう子どもでもないので、しっかりとした金額を渡してあげたいのが本音です。
ただ、このくらいの年齢の子どもが親戚に多くいる方にとっては、出費が大きくなり、少し痛手を感じるのも、正直な話でしょう。

高校に入ると5000~10000円という回答が出ていますが、
ほとんどが5000円で、10000円もらえるのは大学生になってからという認識が強いようです。

 

キャッシュレス時代な今だからこそ

 

海外では、数年前から当たり前のように進んでいたキャッシュレス化。
日本でも増税に伴い、キャッシュレス還元制度などが誕生し、急速にキャッシュレス社会が進んできました。筆者自身も、現金を全く使用せず1週間を過ごすなどがごく当たり前になってきています。

キャッシュレスの取り入れが進んでいるご家庭では、お子さまへのお小遣いにLINE Payを使用しているという話を聞いたこともあります。

そのように、これからの時代を生きていく子ども達は、どんどんお金と触れ合う機会が減っていくのはごく自然な流れでしょう。お金を、物質としてではなく、数字のみで認識するのも時間の問題ではないでしょうか。

そんな中でも、お年玉は、日本に残る風習を通し、お金の大切さや尊さを教えることができる貴重な機会です。おじいさんやおばあさんをはじめ、親戚の方やご両親から、実際にお金をいただくことによって、そのありがたみを知り、自分で買いたいものが買える喜びを知り、そうやってお金に対する価値観が成長していくチャンスです。

ぜひご家庭でも、この機会を使って、お金について一緒に考える時間を設けてみてください。
将来必ず必要となり、学校ではなかなか勉強することのない『お金』に対する考えを、ご家庭で話し合うのは、子どもにとっても非常に大切な時間となるはずです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました