地頭のいい子を育てる知育メディア

Hamic BEARで子どもと連絡がとれる! スマホいらずで留守番中でもメッセージが送れる

お子さんがお家で留守番している際に、連絡を取りたいけど取る手段がない!なんて困った経験ありませんか?多くのご家庭が置き型電話を置かなくなったからこそ、こういうシーンで不便さを感じたこともあるはず。
しかし、まだ子どもにスマホをもたせたい訳でもないし、、、なんて悩んでいらっしゃいませんか?

今回はそんな悩みを解決してくれる音声メッセージロボット「Hamic BEAR(ハミックベア)」をご紹介したいと思います。

 

「Hamic BEAR」ってどんなロボット?

2019年グッドデザイン賞を受賞したメッセージロボット「Hamic BEAR」は、一体どういったロボットなのでしょうか。

【HAMIC BEAR】くまさんがしゃべった♪トランシーバーみたいなロボット!ワクワクドキドキ感動!【ハミックベア】

スマホいらずでメッセージ送受信が可能に

「Hamic BEAR」は、Wi-Fi環境で、スマ―トフォンを持たない子どもが簡単に音声メッセージを送れるIoT製品です。(※Internet of things)

「Hamic BEAR」の頭をタップし、隣にいる友だちみたいに話しかけるだけで、簡単に音声メッセージを送ることができます。
「Hamic BEAR」同士で、あるいはお手持ちのスマートフォンと「Hamic BEAR」でメッセージのやりとりが可能です。

また、保護者がそばにいなくても、子どもがいつ誰とどんな会話をしたのかをリアルタイムで見守ることができるので、とっても安心。
スマホを持たない子どもたちが、友だち、パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんなど、たくさんの人たちと自由につながることを可能にした、遊び心あふれる音声メッセージロボットです。

 

デザインのポイント

・メッセージ送信仕様を、子どもが直感操作できるよう、物理スイッチと音声認識、録音の組合せで実現しました。
・人が触れる箇所に安全性の高いプラスチック素材を採用。触感にもこだわりました。
・子供だけでなく大人も愛着が持てるよう、クマを採用しつつインテリアに馴染むデザインとしました。

 

グッドデザイン賞とは?

公益財団法人日本デザイン復興会が主催する、日本で唯一の総合的デザイン評価・推奨制度です。製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなどを対象に、毎年デザインが優れたものごとに贈られる賞であり、1957年の開始以来、シンボルマークの「Gマーク」とともに広く親しまれています。審査と多様なプロモーションを通じて、デザインにできること・デザインが活かされる領域を広げ、社会を豊かに、そして創造的にすることを目的としています。

※グッドデザイン賞に関して詳しくはこちら

タイトルとURLをコピーしました