地頭のいい子を育てる知育メディア

「ドラえもんひらめきパッド」で入学前の基礎をマスターしよう!

タブレット学習はプログラミング教育義務化の時代で必須の学習法となりつつあります。
皆さまは「ビジュアルプログラミング」をご存知でしょうか?

ビジュアルプログラミングとは、タップやドラッグ&ドロップでプログラムを組み、画面上のモノやキャラクターを動かして目的を達成することで、プログラミングの考え方を学べるツールのことです。
ビジュアルプログラミングは視覚的にプログラムを組んで動かすことができるので、子どもがプログラミングを学ぶのに適しています。

そのビジュアルプログラミングにはタブレットが最適。タブレット学習はプログラミング教育のスタンダートになる可能性があります。そこで今回は、プログラミング学習ができるタブレット学習ツール「ドラえもんひらめきパッド」をご紹介したいと思います。

 

ドラえもんひらめきパッドとは?

ドラえもんひらめきパッドは3〜7歳の子供向け学習パッドです。

2020年から必修化されるプログラミング学習を始め、国語、算数、英語などの科目がこれ一台で勉強できるオールラウンドな学習パッド。40のアプリと1000以上の問題が収録されていて、ドラえもんと一緒に遊びながら学んでいくだけで、小学校入学前の基礎を全て身につけることができます。

中には九九や漢字、歴史など、小学校入学後に学習する内容も収録されていて、先取りで予習できるのも特徴。また、アプリの中にはゲームもありますが、間違い探しや神経衰弱など、知育要素が含まれたゲームになっています。

 

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)

 

楽しくプログラミングを学べる

ドラえもんひらめきパッドは「ビジュアルプログラミング」を採用していて、難しいプログラミング知識を覚えることなく、ゲーム感覚でプログラミングの考え方を養えます。

マス目状のマップに置いてあるどら焼きを、ドラえもんに全て食べさせてあげられたらクリア。「歩く」「方向転換」などの行動を順番に並べ、スタートを押してドラえもんを動かします。空気砲を使ってネズミをやっつけたり、タケコプターで落とし穴を避けながら、うまくどら焼きを集めましょう。

難易度を上げると、条件に合わせてドラえもんの動きを変えたり、同じ動きを繰り返したりする必要が出てきて、やりごたえのある内容になっています。

 

タブレットの強みを生かした学習方法

ドラえもんひらめきパッドはプログラミング以外にも、国語や算数、英語、音楽、図工、生活、歴史などのそれぞれの教科を、40のアプリから学べます。

それぞれの教科でタブレットの強みが生かされており、例えば国語は専用のタッチペンを使って書きの練習ができます。英語はアルファベットをタッチすると英単語が表示されると同時に発音の音声が再生されます。ドラえもんひらめきパッドはタブレット学習のメリットを十分に生かしている学習内容になっています。

 

モチベーション維持の仕掛け「ドラえもんミュージアム」

いくつか問題をクリアすると、ドラえもんミュージアムにドラえもんのひみつ道具が1個コレクションされます。ひみつ道具は全部で100個あるので、集めるために何度も問題を解かないといけません。

「全部コレクションしたい」気持ちが学習意欲を継続させ、反復学習を促す効果が期待できます。

 

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)

 

最後に

子どもにとって、遊び感覚でプログラミングや各教科の勉強ができることは、集中力を途切れさせない点で非常に重要です。

ビジュアルプログラミングは難易度が上がってくると、子どもだけでは解けないことも。その時はお母さんやお父さんも一緒になって遊ぶとより楽しく学べるかもしれません。
プログラミングの感覚を養うために、ご家庭で一緒に遊んでみてはいかがでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました