地頭のいい子を育てる知育メディア

【話題のおもちゃ】買ってよかった!英語も学べるフィッシャープライスの知育おもちゃ・レビュー

カラフルでかわいい上に、比較的リーズナブルなおもちゃを展開しているフィッシャープライス。

日本語だけではなく英語にも触れることができるのも魅力の一つです。小さいころから英語に触れられるおもちゃも中々ないのではないでしょうか。

我が家では、プレゼントでもらった以来フィッシャープライスのおもちゃの大ファンに。
その中でも「買ってよかったおすすめのおもちゃ」をご紹介したいと思います。お祝いやお孫さんへのプレゼントにもとても最適ですよ。

フィッシャープライスとは?

1930年アメリカで誕生し、現在では世界150カ国で愛されるトイブランドです。

なんと、より良いおもちゃづくりをするために、年間3500人以上の子どもたちと2万人以上のママ会員と一緒に商品開発や研究を行っているそうです。
だからこそ、フィッシャープライスのおもちゃは多くの子どもに愛されているんですね。

それでは、おすすめおもちゃ3選を詳しくご紹介していきたいと思います。

買ってよかったおもちゃ3選

わんわんのバイリンガル・リモコン

購入した当初は光や音に反応してじーと見つめるのみでしたが、6か月頃から手に持ち始め、自身でボタンを押せるようになりました。

数字のボタンを押すと画面の部分がオレンジ色にピカピカと光りながら、数字を読み上げてくれます。
その他のボタンも押すたびにABCの歌など日本語と英語でおしゃべりしてくれるので、赤ちゃんの好奇心を刺激してくれます。

今回紹介するおもちゃ全て共通で、日本語が流れた後、英語の音声が流れるようになっています。

リモコンが大好きな赤ちゃん、我が家でも気がつくとリモコンをかじっていることもしばしば・・・
代わりにこのリモコンを渡すと喜んで交換してくれるので、子ども専用のリモコンとして大活躍しています。
持ち運びにも便利なサイズなので、おでかけの際にもかかせません。

バイリンガル・ラーニングボックス

とてもリーズナブルな価格なのに、子どもが夢中になる仕掛けが沢山あり、びっくりしたおもちゃです。指先を鍛えるのにぴったりですよ。遊べる面が5つあるので、1つづつご紹介していきます。

①②ブロック遊び

プラスチック製のブロックが8個ついており、その形に入れるとかばの口から出てくるようになっています。

とても可愛いので、ブロックを入れるだけではなく、中から取り出すときも楽しめます。

生後10カ月頃に購入しましたが、ブロックはまだうまく入れられませんでした。ブロックだけでもカラフルで握りやすい大きさなので、つかんで離したりして遊んでいました。

③ぴかぴかピアノ

隣には鍵盤がついており、押すとピカピカと光りながら音が鳴ります。
鍵盤の上のライオンも下に押せるようになっていて、笑い声や「peekaboo!」と流れるので、人差し指で喜んで触っていました。

④色と数のおしゃべりダイヤル

こちらの面では、番号を押すと数字や色を日本語の後英語で話してくれます。この電話は取り外すことができるのですが、我が子は仕掛けの中でも一番気に入ったようで、何度も手に取って遊んでいました。

⑤ぱたぱた絵本

こちらの面はちょうちょの羽をめくるとABCと数字の歌が流れるようになっています。(少し、英語のうたが独特です・・・)その上はクルクル回る球体があります。

全ての面をご紹介しましたが、その他にもルーピングのような細かい仕掛けもあり、隅々まで遊びつくせる、とにかくすごいおもちゃです。ABC・数字や色が学べて音も楽しめる、こんなに至れり尽くせりなおもちゃは買って損はないと思います。

スマートステージ・バイリンガル・チェア にこにこ!ラーニング

遊びながら日本語・英語を学ぶことが出来、足腰の発達も促せるおすすめのおもちゃです。
また、子どもの成長に合わせて遊び方を選べるスマートステージが搭載されており、その他レベル1~3を選択できるので月齢に合わせて長く遊ぶことができます。
50以上の歌やおしゃべりが搭載されているので、飽きることがありません。

このように箱に入っており、組立が必要なおもちゃですが、ねじでとめるだけなので不器用な方でも簡単に組み立てられ安心です。

ネットで注文したのでサイズ感がわからず、届いたときは意外と大きいと感じましたが、1歳頃の子どもが座るには丁度良い大きさです。少し身長が大きめの我が子(11か月頃)が座るとこんな感じです。

リモコンを押したり、本をめくることができ、数字や形を日本語と英語で話してくれたり、メロディが流れます。我が子は英語の音楽に移る前に、パタパタとすぐにめくってしまいますが・・・とても気に入ったようでずっと遊んでいました。

椅子のシートもあけしめするとUP、DOWNと音声が流れるようになっています。
さらにABCの歌なども流れるようになっており、よくシートを使って立っていたので、大人が覚えてしまうほど家の中で流れることに・・・
これだけ日常生活の中に英語が取り入れられると、とても知育にもよさそうです!

手を挟まないように工夫もされているので、ひとりで安心して遊ばせることができます。

 

こちらは1歳~対象のおもちゃですが、10カ月頃に購入しました。
まだ1人で座ることができない月齢でしたが、こちらに座らせてあげると喜んで遊んでいました。
椅子から降りようとしてどうしたら良いのか困っていましたが、手を付ける高さなのでいつの間にか降り方を覚え、つかまり立ちからしゃがむ動きもとても上手に出来るように。

1歳になる頃には座る喜びにかわり、自慢げに座って遊んでいました。

さいごに

少し残念な点が、3つのおもちゃそれぞれABCのうたのメロディが違うところです。統一してくれれば、もっと覚えやすくなるのになと思います。

おもちゃの研究を重ねているフィッシャープライスだからこそ、かわいいだけではなく子どもを夢中にさせ、知育につながる仕掛けが考えられているんですね。

きっと今回ご紹介したおもちゃを手にしたら、フィッシャープライスの魅力にはまること間違いなし。ぜひ、英語に触れるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
OJI

1歳の娘を持つ新米ママ。接客業や広告営業を経験し、”子どもと過ごす時間を大切にしたい”という想いから、出産を機にフリーランスへ転身。絵本の読み聞かせや知育玩具に関する記事を主に執筆。趣味はハンドメイド。趣味を活かしながら、娘と楽しく過ごせる方法を模索中。

OJIをフォローする
知育玩具未就学児
OJIをフォローする
ciQba(ちいくば)
タイトルとURLをコピーしました