地頭のいい子を育てる知育メディア

格安SIM 『LINEモバイル』が小・中学生のスマホデビューにオススメな理由

小学校高学年〜中学になると、本格的にスマートフォンを持つ子が増えてましたよね。持たせるならなるべく安く持たせたい!ということで、最近よく聞く格安SIMを調べてみたけど、なんだかよくわからない・・・多くの会社から出されていて、どれを選んでいいのか難しかったりしますよね。

 

そこで、大手キャリアから格安SIM「LINEモバイル」に乗り換えた私が、LINEモバイルを選んで良かったメリット・デメリット、選ぶ際に気をつけるべき注意点などご紹介したいと思います。

LINEモバイルのメリット・デメリット

メリット

・圧倒的な安さ
・豊富なプランで自由な料金設計(シンプルだから選ぶのもカンタン)
・無料でプラン変更も可能
・データフリーで主要SNSが使い放題
・格安SIMの中では速度が早い
・デザリング無料
・余ったデータを翌月繰越し
・LINEの年齢認証・LINE ID検索に対応

 

デメリット

・キャリアメールが使えなくなる
・超大容量プランがない
・かけ放題プランが完全に「かけ放題」ではないので、通話料が高くなる可能性がある
・店舗窓口がない

 

まずはメリットから整理していきましょう。

安くて豊富なプラン設定

プランLINE フリーコミュニケーションフリーMUSIC +
データSIMデータSIM
(SMS付)
音声通話
SIM
データSIM
(SMS付)
音声通話
SIM
1GB¥500
3GB –¥1,110¥1,690¥1,810¥2,390
5GB –¥1,640¥2,220¥2,140¥2,720
7GB –¥2,300¥2,880¥2,700¥3,280
10GB –¥2,640¥3,220¥2,940¥3,520

LINEフリープラン

特徴
LINEアプリの通話・トークがデータフリーで使い放題
容量が1GBなので、動画やゲームを頻繁に利用する方には向いていません。

 

オススメ☆ コミュニケーションフリープラン

特徴
LINEモバイルの強みと言えるSNSの使い放題プランです。対象のSNS(LINE, Facebook, Twitter, Instgram)は、データ消費されずに使い続けることができます。
容量も3~10GBまで選ぶことが可能です。

 

MUSIC+プラン

特徴
コミュニケーションフリーの主要SNS使い放題にプラスして、LINE MUSICも聴き放題になるプランです。
※LINE MUSICは別途月額¥980かかります。

 

 

通信スピードが早い

格安SIMは、三大キャリアに比べると、通信スピードが遅くなると言われていますが、LINEモバイルは他の格安SIMに比べると比較的通信スピートが早いとされています。

3回線の中でもとくにSoftbankは、安定しているとされています。というのも、LINEモバイルはSoftbankの子会社なんです。なので、Softbankの回線の速度維持には、他者回線と比べると力の入れ具合が変わっているのです。

 

LINEの年齢認証とID検索ができる

私も他社格安SIMを利用時に、地味に苦労したのが、こちらの設定。

大手キャリア以外は、この機能が使えない設定となっているんです。使えないとなにかと不便なシーンが多い年齢認証機能・ID検索。しかし、LINEモバイルであればそれも利用可能なので、これは大変メリットといえます。

 

無料でフィルタリングサービスがついてくる

お子様にスマホを持たせるときに、もっとも気になるのは、有害情報に触たり、ネット被害にあわないかですよね。その心配を解決してくれるのが、無料サービスとして付帯している「フィルタリングオプション」です。

専用アプリをダウンロードすることによって、自由に使えるので、難しい設定などもありません。お子様に安全にスマホを使用してもらうための嬉しいサービスです。

 

では、お次はデメリットです。

キャリアメールが使えなくなる

@docomo.ne.jpなどの、各キャリアが配信しているメールアドレスを使用している方は、それらが使えなくなってしまします。
しかし、gmailやyahooなどのフリーメールに乗り換えれば、無料で使い続けることができるので、キャリア変更に関係なく、これから使い続けることができ大変便利です。ぜひこの機械にフリーメールアカウントを作成してしまいましょう。

 

超大容量プランがない

三大キャリアが用意している、データ使い放題プランのような超大容量プランの用意がないため、動画を見続けたり、ゲームをやり続けたりということはできません。あらかじめ指定してあるギガ数を超えると、低速モードに入るので、サクサクと使用することができなくなるんですね。

逆に言えば、データの使いすぎを防げるので、子どもとスマホの距離をうまく保つことができるかもしれません。

 

完全な「かけ放題」ではないので、電話のかけすぎには注意

電話回線経由で電話を掛ける際に注意したいのが、通話料金です。普段通りに電話をした場合、10円/30秒と加算されていきます。10分であっという間に200円かかるので、高額と言っていいと思います。

そこでLINEモバイルは、通話オプションとして「10分電話かけ放題」を用意しています。これは、10分以内に切れば、何度かけても定額料金で通話を楽しめるというオプションです。

月額880円なので、頻繁に電話を利用する場合は、検討しても良いかと思います。ただ、10分をすぎると通常通り10円/30秒加算されていくので、くれぐれも注意してください。

 

対応窓口がない

大手キャリアと違い、店舗を持っていないので、困ったときに対面で教えてくれる場所がありません。しかし、対面で対応できないのをカバーするために、サポートページが非常に充実しています。

お客様サポートトップページ|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM
LINEモバイルのお客様サポートのページです。よくある質問や各種問い合わせなどを確認できます。お客様が質問しやすいように複数の窓口をご用意しています。

こちらを見ても解決しない場合、メールやチャットで問い合わせもでき、それでもわからない場合は、電話対応もしてくれるので、わざわざ窓口に行かなくても解決できるサポートは充実していると思います。

 

LINEモバイルに乗り換える際の注意点

選ぶSIM回線に注意

今まで三大キャリアを使用していた端末でLINEモバイルを使用する場合、気をつけないといけない点がいくつかあります。格安SIMは、自分たちで基地局を持っているわけではないので、三大キャリアの回線を借りて、サービス提供を行なっている形になります。

LINEモバイルでは、Docomo回線・Softbank回線・au回線から回線を選択することができます。なので、今まで使っていたキャリアの回線を選択すれば、端末をそのまま使用することが可能です。

もし、どうしても他の回線で使用したい場合は、「SIMロック解除」を行う必要があります。

例1)
今まで        SoftbankでiPhone Xを使用
LINEモバイルでは  Softbank回線を使いたい
そのまま使える
例2)
今まで                    DocomoでiPhone Xを使用
LINEモバイル          Softbank回線を使いたい
docomoで使っていたiPhone Xを「SIMロック解除」する必要がある。

 

SIMロック解除に関して詳しくはこちら

docomo

SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ
SIMロック解除の手続きについてご案内します。

softbank

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
ソフトバンクの製品でSIMロック解除を行う場合のお手続き、注意事項、対応機種に関してご案内いたします。

au

SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au
SIMロック解除の方法・お手続きについてのご案内のページです。au携帯電話でSIMロック解除を行う場合のお手続き方法およびご注意事項をご案内いたします。一部お手続きはオンラインでも行えます。

 

amazonからのSIM購入も無駄な手続きがなくオススメです。

まとめ

毎月の出費だからこそ、最小限に抑えたい通信費。格安SIMだからこそ実現できる料金は、お子様に持たせるにもぴったり。フィルタリングオプションもついていて、安心して持たせることができるのも嬉しいポイントですよね。

ぜひ、スマホデビューや、節約のための乗り換えにお役立てください。

【LINEモバイル】 格安スマホ/格安SIM 月額基本料5ヶ月間半額キャンペーン実施中!
LINEモバイルは、シンプルでわかりやすい格安スマホ・SIMのサービスです。ユーザー満足度90%超え。送料無料・24時間受付OK・最短即日発送!今だけのお得なキャンペーンも実施中。

 

タイトルとURLをコピーしました