地頭のいい子を育てる知育メディア

「くもんのロジカルルートパズル」で思考力を養おう!

ちいくばで注目いている力「地頭力」。地頭力とは、柔軟な発想力と、論理的な思考力、頭の回転の速さなどを統合した力とされています。

この力は、これからの時代を生きていく子ども達にとって、とっても大切な能力とされています。
というのも、これからの時代は、AIやロボットがますます発展していき、多くの仕事を担っていくと考えられています。

そんな時代で生き抜くには、自分自身で考え生み出す能力がとても重要なのです。

2020年必須化するプログラミング教育

昨今は、プログラミング教育にますます注目が高まっていますが、ご家庭でもすでにプログラミングに触れる機会は作られていますか?
前述した、「地頭力」を養うため、論理的思考力を手にするためには、プログラミング学習は非常に効率的とされています。

日本政府も、これからのIT人材の育成に力をいれるために、
今後さらにプログラミング学習に力を入れていくとされています。

先日発表されたニュースによると、政府が
2024年を目標に1人1台パソコンが配布される環境を整備するとのことでした。
今後ますますスピードをあげて、IT教育に注力していくことが予測されますね。

 

そして、その2020年にプログラミングが義務教育化するに合わせて、おもちゃ業界からも様々なプログラミング玩具が発売されています。

 

どんなものを選べばいいのか、数がありすぎて難しくなってきているのも事実です。
そこで今回は、Amzonのプログラミングおもちゃ部門で第1位となった「くもんのロジカルルートパズル」をご紹介したいと思います。

 

アナログなスタイルで、プログラミング思考を養える?

現在販売されているプログラミングおもちゃの代表的なのは、別途タブレットを仕様するものであったり、PCを通して操作プログラムを送るものが多いです。
そうするとどうしても、別途ネット環境が必要であったり、またはとても高額でなかなか手を出しづらかったりするのが現実ですよね。
ご家庭で使用しようとしても、教える側の親がよくわからず挫折してしまうパターンもあったりします。

しかし、くもんプログラミングルートパズルは、
他に用意しなければならないものは一切ありませんし、とても良心的な値段なので、
簡単に始めることができます。

ルールもとても簡単でシンプルに作られているので、教える側も抵抗なく入っていくことができます。

 

くもんプログラミングルートパズルで培われる力

では実際に、くもんプログラミングルートパズルで身に付くちからとはどういったものなんでしょうか。

論理的思考力が身につく

こちらのおもちゃは、全てのボールを、同じ色のポケットに落としていく単純な仕組みです。
そこにたどり着くまでのルートを、ピースの種類や置く場所を使って論理的に組み立てながらゴールを目指します。これを繰り返し行なっていくことにより、論理的思考力が養われるとされています。

 

問題解決能力が身につく

ボールが一度でゴールにたどり着けなかった時に、なぜできなかったのかを自ら考え、他の方法に挑戦します。これを繰り返し行っていくことにより、どのようにルートを動かせばボールが転がっていくのかをロジカルに考える癖がついていきます。それにより自然と問題解決能力が身についていきます。

これは日常にも結びついていき、日々の問題と向き合い解決する力が身についてきます。

 

集中力を養います

用意されている問題を解いていくと、達成感を感じられ、次も問題ももっと解きたいと意欲的に取り組むようになります。そうして、夢中になって遊ぶうちに集中力が養われていきます。
集中力はどんな場面でも必要な能力です。

目の前のものに集中する習慣を身につければ、集中力は向上されていきます。

 

遊び方

5色のボールを上から転がして、下の同じ色のポケットに入れていく単純なゲームです。

 

ですが、別付属の白・黄色・緑のパーツが鍵となっていて、このパーツの組み合わせによってゴールまでの道筋を考えていきます。

 

専用の問題集がついており、それを使いながら遊んでいきます。問題は、はじめから置くパーツが数個指定されており、残りの空白の箇所に、自分で考えながらパーツをいれていき、ボールが同じ色のゴールに辿り着けるよう導いていきます。

問題はレベル別に用意されており、問題を解いていくことに難しくなっていくので夢中で遊ぶことができます。

created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)

最後に

遊んでいるだけで、論理的思考力、問題解決能力、集中力が身につく「くもんのロジカルルートパズル」。継続は力なりと言うので、繰り返し遊びながら能力を身につけていきましょう。
この考え方を身に付けるだけで、必修化される学校の授業も楽に入っていけるはずです。
頭の思考回路がはっきりとしてくるので、子ども自身が考えることを楽しむようになっていくからです。

これから始まるプログラミング学習に先駆けて、プログラミング的思考力を身につけるおもちゃとして、ご家庭で遊んでみてはいかがでしょうか。

【おすすめ5選】子どもと一緒にできる・思考力が養われる知育玩具
注目を高めている幼児知育。 幼い頃から行うことにより、自分で考える力を養い、その後の成長に大きな影響を与えます。 そこで、今回は遊びながら知育を...
タイトルとURLをコピーしました