地頭のいい子を育てる知育メディア

プログラミング導入にオススメ ソニー「KOOV」のワークショップがソニー・エクスプローラーサイエンスにて開催

以前、ちいくばで紹介したソニーが開発したプログラミング学習玩具キット「KOOV」
自分で作り動かす『KOOV』が人気なワケとは?
2020年度に、小学校へのプログラミング必修化が決定しました。もうすでに世界各国では、プログラミング学習が本格化しています。ご家庭でも、いち早く教育に取...
そのKOOVを使ったワークショップがソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区台場1-7-1アクアシティお台場5F)にて、2019年9月28日(土)に開催することが決定しました。
KOOVは、ブロックで自由に「かたち」をつくり、プログラミングによってさまざまな「動き」を与えて遊ぶ、ロボット・プログラミング学習キットです。
ブロックを組み合わせて遊ぶ中で表現力を高め(Play)、プログラムで動かすことで探求心を培い(Code)、子どもたちの創造力を育成する(Create)など、デジタルを活用したものづくりを遊びながら学ぶことができ、玩具としても教材としても楽しむことが可能です。
イベントでは、レベルの異なる2種類の「KOOVワークショップ
<はじめてのプログラミング・列車編>と<雪かきロボット編>が実施されます。

【プログラミング未経験者対象】
「KOOVワークショップ~はじめてのプログラミング・列車編~」

タブレット上のKOOVアプリで「列車」の動きをプログラミングし、「列車」に転送することで、思い通りの動きを与えることができます。事前に組み立てられた「列車」を紙の線路に合わせ、「まっすぐ走った後、曲がる」、「○○駅で止める」といった、モーターを制御する初歩的なプログラミングに挑戦していただきます。
このワークショップは、プログラミング未経験者のみ参加可能となります。

【プログラミング経験者対象】
「KOOVワークショップ~雪かきロボット編~」

こちらは、雪に見立てて積まれたたくさんのブロックをひとつでも多く運べる「雪かきロボット」を作るワークショップになります。ブロックで造形を工夫して一度にたくさん運ぶのか、プログラミングを駆使して動きで勝負するのか。

各自で作戦を考え、それを実現できるよう開発に挑戦します。
こちらのワークショップは、プログラミングでロボットを制御した経験がある方が対象となります。

これらのワークショップは、プログラミングの体験やスキルの習得だけでなく、それぞれのテーマに沿って設定された課題を、解決へ向けて試行錯誤する楽しさを体験できます。

それは、現代社会における問題解決フローに照らし合わせた、実践的でクリエイティブな学びを得ることを目的としています。

 

「KOOVワークショップ」の詳細はこちら

【開催日時】

2019年9月28日(土)
<はじめてのプログラミング・列車編>11:30~13:00(90分)
<雪かきロボット編>14:30~16:30 (120分)

【会場】

ソニー・エクスプローラサイエンス 内 「スタジオSES」
http://www.sonyexplorascience.jp/information/#access

【対象】

<はじめてのプログラミング・列車編>
プログラミング未経験の小学3年生~小学6年生の児童と保護者2名1組

<雪かきロボット編>
プログラミングでロボットを制御した経験のある小学3年生~小学6年生

【定員】

<はじめてのプログラミング・列車編>10組20名
<雪かきロボット編>10名 (保護者同伴。保護者もご見学いただけます。)

【参加方法】

事前申込制(先着順)。下記サイトよりお申込ください。
https://sonyexplorascience190928koov.peatix.com

【申込期間】

2019年9月14日(土) 12時 ~ 各回開始10分前まで
※定員に達した場合は受付を終了とさせていただきます。

【参加費用】

無料
※別途、入館料小人(3~15歳)300円が必要となります。

【主催】

ソニー株式会社

【その他】

※列車編では、ブロックの造形は行ないません。
※本イベントへのお申し込みは、参加者お一人につき1回限りとさせていただきます。

【KOOVについて】

詳細は、ホームページをご参照ください。 https://www.koov.io/

タイトルとURLをコピーしました