地頭のいい子を育てる知育メディア

空間認識能力を高めるには小学校低学年までの訓練が重要【前編】

物体をイメージしていろいろな角度から見ることができる力、物体をイメージの中でバラバラに分解したり、逆に組み立てたりする力を「空間認識能力」といいます。ボールを目標の距離まで投げたり、飛んでくるボールを掴むといった力にも関係しますので、スポーツの分野でも注目されていますが、勉強でもとても重要な能力です。

 

中学・高校受験で重要なのが「図形問題を解く力」

高校入試では数学は、「計算領域」(文章問題含む)、「関数領域」、「図形領域」に分けられますが、この中で最も難度が高くなるのは図形領域です。図形領域では面積や体積を求めるため、正確で素早い計算力が問われるのはもちろんのこと、相似や三平方の定理といった要素の理解も必要です。

 

相似に関しては小学生の時期の拡大図・縮図という単元で学習するため、難関中学校受験では、一般の中学生でもほとんど解けないような難問の図形が出題されます。受験対策をせずに学校の授業だけ受けている状態だとまったく太刀打ちできません。

 

このように中学・高校受験で差が付くのが「図形問題を解く力」なのです。

 

図形問題の得点が低いのは「図形がイメージできない」

 

なぜ図形問題で得点が取りにくいのでしょうか?

 

ひとつは、図形問題はいろいろな知識を活用しなければ解くことができないということが挙げられます。正答を導くまでのステップを増やせば増やすほど正答率は下がっていくものだからです。ひとつひとつのステップを丁寧に乗り越えていく力が必要になります。

 

もうひとつ図形問題には大きなハードルがあります。それは「図形をイメージできるのか」という知識とは別の問題です。図形が回転し、その際に1辺が通過する範囲の面積を求めよといわれても、テスト用紙には回転した後の図形が描かれているわけではありません。自分でイメージしなければならないのです。平面図形が軸を回転して空間図形になるケースも多く出題されます。

 

ここではすぐに図形がイメージできる子供と、まったくイメージできずに手も足も出ない子供に分かれます。つまり図形がイメージできない子供が多く、解けずに正答率が下がっているという要素も大きいわけです。

 

小学校低学年からイメージする力を鍛えるべき

 

ここでポイントになるのは、中学3年生の受験期になって、図形をイメージする力を養おうと演習を繰り返しても、空間認識能力を高めることは難しいということです。これは私自身も17年間教壇に立って何千人という生徒を指導してきましたが、最も解決しにくい課題でした。特に空間図形に関しては、イメージできない子供はどれだけ説明しても「見えない」のです。

 

実は空間認識能力は「8歳までに大きく伸びる」とされています。これは推測力や記憶力、言語表現力などと同じです。10歳以降は脳が大人と同じになりますので、ここから伸ばすことは至難の業です。空間認識能力は、直観力や創造力を司っている右脳の働きが重要になりますので、幼稚園児の時期や小学校低学年の頃から右脳を使い、イメージ力を鍛えておくことが、将来的に図形の難問を解くことに繋がっていきます。

 

実際にどのように鍛えていくべきなのか、親は8歳までの時期にどう関わっていくべきなのかは後編でお伝えしていきます。

 

まとめ

今回は空間認識能力の重要性についてお伝えしてきました。中学3年生も演習を繰り返せばパターンによって、ある程度の図形問題を解くことができるようになりますが、根本的なイメージ力を向上させることは難しいので、ぜひ早い段階から子供の空間認識能力を鍛えていくことが大切です。小学校の義務教育では図形を本格的に勉強するのは、小学4年生からになりますので、それ以前から着手していくことを考えていくべきでしょう。

 

この記事を書いた人
DONA

大学で幼児教育・幼児心理を専攻。17年間進学塾講師を勤める。
空間把握能力と読解力を向上するメソッド導入などにも携わり、子供の教育プロセスをより良くする方法を学ぶ。子供の可能性は無限大であり、それをより教育に反映する手伝いができえばと、執筆活動に勤しむ。

DONAをフォローする
育て方お勉強のコツ
DONAをフォローする
ciQba(ちいくば)
タイトルとURLをコピーしました