地頭のいい子を育てる知育メディア

【おすすめ5選】子どもと一緒にできる・思考力が養われる知育玩具

注目を高めている幼児知育。
幼い頃から行うことにより、自分で考える力を養い、その後の成長に大きな影響を与えます。

そこで、今回は遊びながら知育を行うことのできる玩具を集めてみました。
ぜひご家庭でのお子様の知育にお役立てください。

カタン

カタンという無人島を舞台に、拠点となる開拓地(家)を建ててそこから島全体を開拓していきます。対戦相手との開拓競争で、点数を獲得していき、最初に10点取った人が勝者になります。
ボードのデザインや、ルールの設定はシンプルにも関わらず、頭脳戦心理戦の一面も持っていて、
子供だけではなく、大人も思わずハマってしまうゲームとなっています。



マップの種類は、数種類あるので、毎回違う展開が楽しめます。


また、アナログゲームだからこそ味わえることの1つとして、ゲームを通して交渉などの会話を楽しむことができ、相手との新密度が深まりゲームが盛り上がります
相手とのバランスを見ながら物事を進めていくことにより、コミュニケーション能力や考える力が養われます。またサイコロやポイントの計算などで簡単な計算力も養うことができます。

家族で取り組むには最高の知育ゲームです。
物の成り立ちや、取引など、コミュニケーション力向上にも最適です。

 

ブロックス

ブロックスは、フランス発祥のテリトリー戦ゲームです。

ピースの角と角を繋げてブロックを配置し、自分のテリトリーを増やしていくゲームです。先を読みながら頭脳的に進めていく必要があります。ルールは至ってシンプルのため、小さなお子様でも、理解しプレイできます。2~4人でプレイ可能です。お子様の知育を行いながら、お父さんお母さんも一緒に楽しめてしまう玩具です。

楽しみながら図形認識・空間把握・先を読む力(戦略・戦術の学習)の強化に最適です。

created by Rinker
マテル(MATTEL)

ラッシュアワー

世界的に有名な思考型パズルゲームです。 問題対処能力をはじめ幅広く知能を育てることができます。
ルールは至ってシンプルで、付属のカードから出題される問題から、自身の赤い車を脱出させるという内容です。

問題カードは

「BEGINNER(ビギナー)」
「INTERMEDIATE(中級)」
「ADVEBCED(上級)」
EXPERT(エキスパート)」

と4つの難易度があり、問題も40問と豊富です。

スタディー将棋


あの藤井プロも小さい時に使用していたと話題の幼児向け将棋キットです。駒ひとつひとつに、動かし方が書かれているため、駒の役割を覚える必要はありません。
直感的にゲームを始めることが可能です。

遊んでいるうちにルールも把握していき、どんどん面白さを感じることができます。
発売元は、子供塾で有名な「くもん」なので、子供への細かい配慮が伺えます。

お子様と頭脳戦を楽しみながら、勝敗を競ってみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)

 

漢字かるた

絵を通して、漢字の字形や成り立ちを学ぶことができるカルタ。
基本漢字・部首・形声文字、どんな漢字も、遊びながら覚えられます。

一人でも友だち同士でも、家族みんなでも楽しるので、漢字を好きになるきっかけにもなります。

番外編!受験マンガ「二月の勝者」

受験塾の裏側の描写がリアルで、これからお子様を受験させるか悩んでいる方々にぜひ読んで頂きたい作品。中学受験が題材ですが、合格までの戦略や、塾ビジネスの裏側などがリアルに描かれています。親として、受験にどう向き合うべきか、子供をどう向き合わせるべきかを考えることができる作品です。

幼児期から、教育に関して真剣に考えているなら、その先の早期受験に対しても関心が高いはず。受験世界へ入門のつもりで、読まれてみてはいかがでしょうか。

 

知育に関してもっと詳しく

デジタル知育に関してもっと詳しく

タイトルとURLをコピーしました