地頭のいい子を育てる知育メディア

スマホでタイピング練習ができる!「キッズタイピスト」

キーボード入力の速さや正確性は、社会人として仕事をする上で必須のスキルです。

小学校でもプログラミング教育の導入やICT化推進により、タイピングスキルは今後、大人だけでなく子どもにとっても必要なスキルとなるでしょう。

文部科学省の情報活用能力調査の結果(2015年)によると、小学校5年生のタイピング平均速度は1分間に5.9文字(10秒に1文字)であったことがわかっており、まだまだ学校現場でのタイピング教育は進んでいないのが現状です。

自分の子供はプログラミング学習でついていけるのだろうか、事前に何か準備をしておきたいけど、いきなり何をしていいのかわからない。そう不安に思う方も多いはず。

そこで今回は、おうちで楽しみながらタイピング練習ができる、スマホアプリを紹介いたします。

スマホでタイピング練習ができる「キッズタイピスト」

こちらは、キーボード配列されたアルファベットを使用し、制限時間内で、次々に出てくる英単語を入力して、入力できた数を競うアプリです。

キッズタイピストの最大の特長は、タイピングと同時に英単語も習得できてしまうところです。

「キッズタイピスト」の特徴

1、英語表記によるキーボード配列
2、楽しく覚えられる英単語
3、一字ずつ発音もしてくれるネイティブによる発音
4、直感的でシンプルな操作性
5、もっともっと!と子供を飽きせさせないゲームの工夫

ゲームはいたってシンプルで、難しさは一切ありません。

可愛らいしい絵に合わせて出てくる英単語を、キーボードから入力していきます。英語は、出てくる文字列のみでなく、一字ずつネイティブが発音してくれるので、一文字一文字の発音も習得することができます。

正解すると、入力した英単語の絵がアニメーションで動き出し、再度この単語はなんて読むのかをネイティブが発音してくれます。文字・発音・絵が合わさり、単語自体の習得もより簡単になっています。

絵を見て英単語を答えるという問題ではないので、表示されている英単語をマネして入力するだけで大丈夫。繰り返し行うことで英単語を習得でき、正確な発音までわかるようになっていきます。

タイピングのブラインドタッチを習得でき、一緒に英単語も覚えられ、プログラミングに必須と言えるキーボードにいち早く慣れることができるオススメアプリです。

まとめ

今回は、楽しみながらタイピング練習ができる、スマホアプリを紹介しました。

タイピングスキルを身につけるには、日々の積み重ねが非常に重要です。子供がタイピング自体に苦手意識を持たないよう、楽しませる工夫のあるツールを選んだり、飽きてしまうようであればまた別のアプリを探してみるなどして、お子さんの好奇心に寄り添って学習を支援してあげるとよいでしょう。

今回はスマホアプリの紹介でしたが、次回はブラウザ上で操作できるタイピングツールのご紹介をいたしますので、お楽しみにどうぞ。

キッズタイピスト

キッズタイピスト

Platinum Study Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

タイトルとURLをコピーしました